2017年の世間を騒がせた不倫問題。

色々な話題がありましたが、最後に話題となった〇川陽介さんの神対応の本質に迫ります!!

世間では

神対応と言っているけれど、本当のところどうなの?

私は自分自身で色々経験してきたから思うんだけど、あの神対応って単なる自分勝手なだけだと私は思うわけです。本当の神対応というのは妻の意見を尊重することだと私は思うんですよね。確かに奥さんの不倫は夫にとっては辛く、衝撃的な事。でも、そうなったのには理由があることを考えなければいけない。

亭主関白と本人が言っているだけあって、普段の生活は苦痛であったことが手に取るようにわかる。普段の生活の実態はわからないけれど、かなり縛られた生活をしていたことは間違いない。縛っていた本人は、大丈夫と思っていたかもしれないが、そこにスキができて今回の出来事につながったんだと私は分析している。

相手を想うあり方

私は究極のところまでいったから身を引くことを決断した。それが正しかったかどうかはわからないけれど、身を引いて別れた経験が私にはあります。その時はそうせざるを得ない状況まで追い込まれていたのも事実だが、それぐらいの気持ちで相手を想えるかどうかだと私は思う。

今回のケースで言うと、本当にこの先、〇吉久美子は幸せなんだろうか?

ガッチガチの管理下におかれる妻を余儀なくされる人生が待っている。それがどんなに辛い人生かを想像するだけで吐き気をおこす。もうこの先の自由を全て奪われるんですよ!

それってどうなんですか?いくら夫婦と言っても、幸せに生きる権利は誰にでもあって良いはず。あの会見の裏に私はものすごい怖さを感じました。

もっと自由になれる選択を

私自身は、自分自身で不自由な生活を過去に選んできました。

ただ、今は全く違います。自由を選択し、自分を大切にし、自分に喜ぶことを行うようになってきたからこそ、とても楽に楽しく生きられる。そんな状態を作ってくれたのは私のパートナーである奥さんであり、これまでの人生を全て受け入れてくれた人でもある。

そこに心から相手を想う気持ちを持っているのか?

本気で愛しているからこその行動もあると思う。私個人の意見である。