先日、飲んでいる席でこんな話がありました。

メッセンジャー、LINEの「女性が使うハートマーク」が信用できない。。。

もしかしたら、あなたはチャンスを逃しているかもしれませんよ!!

私が考える女性が使うハートマークの意味

まず、年代にもよると思うんですけど、特に若い年代の女性は好意があるなし関係なく使う方が多いように思います。警戒心の強い方で、完全にNOの人にはハートマークを使わない人もいるかと思います。

全体の文章に対して華やかさを持たせたかったり、可愛くしたり、嬉しいっという表現に使ったり、感謝の意味で使ったりもしていると思います。

逆に真面目な男性はハートマークを真に受けたり、勘違いする人もいるので、使い分けは必要かと思います。

好意があるのかどう見分けるのか?

まずポイントは文章の変化、ハートマークなどの数の変化で見分けることができるかと思います。

単純にハートマークの数の場合は、最初のやり取りの数と徐々に増えだしてきた時の文章の内容で好意があるかどうかだいたいわかるかと思います。

私の場合はかなり文章から伝わる内容には敏感な方なので、好意があるか?恋愛感情があるのかがわかります。

えっ!?なぜかって?

実は、チャットで知り合った女性と一度も会うことなくと付き合うことになって、一日メールを200通以上のやり取りをした経験があって、文章から心を探ることをやってきたからです(笑)

ちょっと今では一日200通なんて考えられませんが、まぁ~そんな時期もありました。

その中で心を通わせる文章ってものを身につけ、相手の気持ちを読み解くことができるようになっていきました。

相手を知るには自己開示が大事

相手の気持ちを読み解く一番の近道は自分の話をすることです。

そうすれば、相手の方も話してくると思うし、そういうやり取りだったり、やり取りの中での共通点から運命を感じ、恋愛へと発展していくケースも多くあります。

ここでカッコつけてはダメ!!

弱い部分もさらけ出すことで、恋に発展していくものです。あとのことを考えても背伸びすることはよくありません。

男性から女性の場合は、母性本能をくすぐるし、女性から男性の場合は、頼られている、守りたいっという気持ちにさせられるものです。

まとめ

ちょっと簡単に話してきましたが、男性から女性に対しては、ハートマークを送ることに抵抗を感じている人は多いようです。ハートマーク=LOVEっという意識が働いているようなので、♡を送る時は「マジ」の時って話でした。

男性は女性の使い方を理解し、自分に矢印が来ていることを察知してください。

また、好きな人とのやり取りをするのなら、自己開示からの共通点探しがおすすめです。