今回は、あなたのやっていることのメニュー、サービスの作り方とアメブロでどのように表現していったら良いかをお話していきたいと思います。目的としては、アメブロからの集客、どうやったらサービスを買ってもらえるかをお伝えします。

メニュー、サービスの作り方

まずは、自身のサービスの作り方です。

漠然と自分自身のやっていること、これからやろうとしていることはわかっているかと思いますが、真っ先に決めることは、ペルソナ(理想の顧客像)を決めることです。

ターゲットを広げれば広げるほど、あなたのサービスはボヤけます。絞れば絞るほど明確化していきます。集客に不安になればなるほどターゲットを広げたくなる人は多いですが、完全にそれは逆効果となります。

多くの成功者や人気の方はこの部分が必ず明確になっています。

ターゲットの絞り方のコツはペルソナもそうですが、どんな人に求められるのかを意識する必要があります。

求められること × 好きなこと

私自身の話をすると、求められたことを仕事にしていきました。

コーチとして起業しましたが、求められることはブログ、SNSの活用方法やWEB、パソコン系の相談をされることが多かったのと、自分自身がパソコンが好きだったのと、会社員時代もシステム構築に携わっていたこともあって、自分の経験がビジネスへとなっていきました。

単純に求められることをすれば、自分自身の経験を必要な方に提供すれば、ビジネスは成立します。

同業者との差別化

タイトルのところでもありましたが、同業者と同じ名称、サービスを作ってもWEB上では埋もれるだけです。

例えば、カウンセラーっと言っても多くのカウンセラーがいて、

[list class=”li-yubi li-mainbdr main-c-before”]
  • どんなカウンセラーなのか?
  • 何が専門なのか?
  • 得意な分野は何なのか?
  • 他にはない特徴は?
  • あなたの強みは?
[/list]

これらの要素を取り入れたサービスが必要です。

メニュー、サービスのタイトルにある程度入れた方が良いですが、説明の中でしっかり語られていたらOKです。

先に気軽に会える状態を作る

アメブロからいきなりサービスを買ってもらいことは正直難しいです。特に1対1で会うような仕事や異性っといったところで抵抗があるのは、私自身もそうですし、皆さんもそうだと思います。

なので、私がやっていることでお話させてもらうと「お茶会」「ランチ会」っといった、費用は飲食代くらいで気軽に誰でも参加できる、複数で参加できるものが理想です。

また、最初のうちはひとりで会をやる必要もありません。

誰かと一緒に何らかの会をする、ワークショップをするのもありだと思います。

はじめて来られる方のためにできるだけハードルの低いイベントからはじめていきましょう!

そこで大事なのは、必ずFacebookなり、LINEなり、つながることです。

まとめ

簡単に集客の流れをお話すると

気軽に参加できるイベント ⇒ つながる(Facebookなど) ⇒ ブログ、SNSで伝える ⇒ あなたのサービスを必要とする人が買ってくれる

ザックリはそんな流れです。

次回は、各種イベントの作り方、考え方でより詳しく、お伝えしていきます。