11月22日(金)に発売されたNikon Z50。売上好調で価格.com の 2019年12月ミラーレス一眼 人気売れ筋ランキングでNikon Z50 ダブルズームレンズキットが堂々1位に!!またレンズキットも8位とまずまずの滑り出し。

Nikon ミラーレス一眼カメラ Z50 ダブルズームキット NIKKOR Z DX 16-50mm NIKKOR Z DX 50-250mm付属 Z50WZ

購入を決めた理由

私がなぜNikon Z50の購入を決めたかと言うと、最初はただただどんなカメラなのかを発売前にニコンプラザ大阪へ実機を見に行き、手にした瞬間「グリップの持ちやすさ」にまず感動。電源を入れると更に液晶の綺麗さに驚きました。

正直これまでニコンのカメラは使ったことはなく(コンデジはありましたが)、ミラーレス市場ではまだまだのニコン。その中で登場したニコン初のAPS-Cセンサーのミラーレスに興味がわき、マウントもフルサイズミラーレスのZ7、Z6と同じZマウントということで、フルサイズとのレンズの共有も可能だし、フルサイズ化へのステップアップにもつながると思い、購入を決めました。

あとは何かしらの可能性を感じ購入した部分もあります。ミラーレス市場でいうとSONYが大きくシェアを拡大し、私自身もその魅力にとりつかれ、α6400を2台購入し、動画撮影用のメイン機として使っていきました。

その前はPanasonicのLUMIX G8、GH5S、G99と使ってきましたが、オートフォーカスの問題にずっと悩まされ、SONYへと流れました。そんな中動画機としてとても使いやすいカメラではありましたが、ちょっとロマンと言いますか、もう少し何か違う点、拘りというもの、刺激が欲しくなった部分もありました。

そこにピタッとハマったのがNikon Z50 となったワケです。ただ、問題点もいくつかあって、一番私が問題としている部分が、選べるレンズの数が少ない、っていうかない。。。現状必要としているのは明るいレンズ、単焦点が欲しいのですが、Z50に合った単焦点の導入が待ち遠しいところです。

開封、検証動画

Nikon Z50 発売日に早速ダブルズームレンズキットを開封


Nikon Z50 動画のAF オートフォーカス性能を検証してみた(色味、マイクも)


Nikon Z50 動画撮影時の手ぶれ補正(手持ち、ジンバル)の検証


Nikon Z50 手持ち動画撮影の感想

 

搭載可能なおすすめジンバル

GUDSEN MOZA AirCross 2

MOZA Aircross 2 スタビライザー ジンバル カメラ専用 Arca Swissクイックリリースプレート付き スマホホルダー付き 一眼レフ ミラーレスカメラ対応 最大3.2KGまで負荷 タイムラプス撮影自動調節 スマートホイール 3軸ロック 12時間連続稼働 急速充電 縦撮り 【MOZA正規品&1年保証】

MOZA AirCross2 以外にもZHIYUN WEEBILL-Sも試しましたが、私が使った感じでは、Nikon Z50との相性でいうとMOZA AirCross2の方が合っていたかと思います。Nikon Z50のキットレンズには4.5段分の手ぶれ補正が搭載されており、逆にジンバルとでは強すぎる傾向が合ったりもしますが、使い方次第ではかなり安定した映像を撮ることが出来るかと思います。

おすすめアイテム

最大の欠点と言われていたチルト式液晶モニター。それを改善してくれるのがSmallRigから出されたマウントプレートとケージ。私が購入したのはとりあえずマウントプレートですが、バッテリーやSDカードの抜き差しが出来ない部分はありますが、自撮りでの動画撮影は可能になったので良かったです。

バッテリーやSDカードの抜き差しが出来るケージの方が良かったかな?っとあとから後悔しましたが、タイミング見て購入したいと考えています。

まとめ

まだまだ課題も多いNikon Z50ですが、軽量、コンパクトで、写真を撮りたい初心者からYouTuberにも使えるカメラかと思います。旅行での写真撮りやVLOG(ビデオブログ)にも最適なカメラかと思います。キットレンズの手ブレ補正が半端ないので、手持ちでの動画、VLOG撮影にも向いているかと私は思っています。