人生で一番本を読む時期?本が嫌い、でも人生を変えたのも本!?

ちょっと課題があって、一気に本を5冊Amazonで注文し、読み始めています。

これほどまでに短時間に本を何冊も読むってしたことがない。

なぜなら、私は本を読むのが嫌いだからだ。

本を嫌いになった理由

それは、私が小学生の頃。

父親から夕食を食べる前に「本を読んで聞かせろ」っというものだった。

まぁ~、それが嫌で嫌で。

ちゃんと読めないと怒られるし、超ビビりながら読んでいたわけです。

そうすると子どもはどうなると思います?

私はそれで本が嫌いになりました。

でも、人生を変えてくれたのも本

時は経ち、私が会社員時代、5年間の単身赴任生活から無理やり通勤してやろうって思った時、通勤時間が2時間半から3時間あったので、自己啓発の本でも読んでみようと何冊か本を買いました。

でも、全然面白い本と出合わなくて、「やっぱ本つまんねぇ~」って思っていた時に、すすめられた本がありました。

それがこちら!!

ユダヤ人大富豪の教え〈2〉さらに幸せな金持ちになる12のレッスン (だいわ文庫)

本当は2ではなくて、順番からすると1からなんですけど、ちょうど本を買いに行った本屋が1が売り切れで、仕方なく2を買ったわけです。

実はそれが、その時の私にとって超ドンピシャの本だったんですよね。

ここでは多くを語りませんが、「自分を大切にしよう」「自分らしく生きよう」って思ったのもこの本のおかげだし、起業する意識、基盤を作ってくれた本でもあります。

もちろん、それ以外にも多くの方に支えられた部分もあるし、学んだ部分もあるし、起業する決断に至るまでには本当にこれまでの自分の想いや蓄積されたイラ立ち、社会に対する反発心など色々ありました。

でも、最終的には自分へのイラ立ちの方が多かったのかもしれません。

本来の自分をずっと押さえつけていた自分に対して。

やっと本題に

今回なぜ本を読んでいるかと言うと、メンターからの課題なんです。

こんなことがないと私はほとんど読まないので。。。

たまーに読むとしても自分の興味(ブログ、SNSの事とか、WEB関係)のあることだけ。今の時代ネットを使えば何でも出てくるから、「これがやりたい!」っていうのがあれば大概出てくるから、あまり必要性を感じてはいなかった。

っで実際読んでみて(まだ2冊目だけど)、1冊目は正直あまり興味のない本だったけど、良い考え方の部分があって、それなりに良かったんだけど、2冊目を軽く読んだ瞬間、「これ好き」ってなって、

「あれ?俺って意識や心のこととか、宇宙、スピリチュアルなこと好きなんだな」って実感した。

今これ ↓

クリエイティング・マネー ― 光の存在オリンとダベンが語る豊かさのスピリチュアルな法則

改めて思うのは、自分自身が人生経験を通して、色んな経験をし、学び、成長していることが、最近ものすごくそういう世界というか、簡単に言ってしまえば、スピリチュアルなんだけど、

スピリチュアルな部分でも、原理原則や力学で考えるとものすごく理解できるし、これまで不思議だと思っていたことが理解できるようになって、実戦すると本当にある意味での引き寄せの法則的なことが起こるのもわかるようになってきてて

それがだんだんと面白くなっている自分がいたりする。

そんなことを色々考えさせられるとても良い時間を過ごしています。


20180221 大阪・梅田(桜橋)
仲間と共に成長し合える朝食会

ABOUTこの記事をかいた人

起業家、人気カウンセラー、セラピスト、サロン経営者、飲食店などのWEB系コンサル、サポート、プロデュースを行っています。 大好きなこと、経験してきたことを形にし、あなたの才能、強みを引き出し、ひとりでは気付かない発想、アイデアでワクワクしてビジネスできる環境を作っていくことが私の使命です。